RapidSSL サーバ証明書 Home  
一般第二種電気通信事業者(A-11-3180)
Clip to Evernote ニフティクリップへ追加する このページをLivedoorクリップへ登録 このページをはてなブックマークへ追加
RapidSSL詳細
 
RapidSSL
ワイルドカード
詳細

 

 

SSLサーバ証明書

 

SSL サーバ証明書

SSLとはインターネット上でやり取りされているデータ(名前、住所、電話番号、クレジットカード番号などの個人情報や企業の機密情報など)を暗号化し、第三者からデータを覗かれないようにする通信技術のことです。
SSLを導入することにより、インターネット上で通信するクライアントPCとサーバの間で暗号化したデータをやり取りできるようになり、データの「盗聴」や「なりすまし」、「改ざん」などさまざまなセキュリティ問題を防止できるようになります。
このSSLを実現するには、信頼の出来る認証局(CA)が発行する、電子署名解析用の公開鍵が真正であることを証明するデータ(電子証明書)が必要です。
Rapid-SSL.jpでは電子証明書の一つである「サーバ証明書」を扱っています。
    公開鍵について
  • サーバ証明書(電子証明書、デジタル証明書)とは、この公開鍵がこのユーザのものであることを保証するものであり、証明書に含まれている公開鍵が誰のものであるかが記載されているだけの単純なものです。
  • また、SSL通信に必要不可欠な公開鍵をも含まれています。そして、RapidSSL.com(ジオトラスト)自身の秘密鍵を利用して、証明書全体を暗号化しています。
  • RapidSSL.com(ジオトラスト)の公開鍵を利用して、その証明書の署名を検証すれば、それが正しいものか、そうでないかを確認することができます。

Rapid-SSL.jp では、単一のドメイン(FQDN)向けの「RapidSSL」、複数の同一レベルサブドメインにサブドメイン数無制限で対応する「RapidSSLワイルドカード」をお選びいただけます。
RapidSSLワイルドカード
複数のサブドメインに対応
同一ドメインであれば数は無制限で同一レベルのサブドメインに対応できます。 また、複数のサーバへ証明書をコピーしてご利用頂けます。 コモンネームで「*.domain.com」と指定すると"domain.com"の全てのファーストレベルサブドメインに対応します。 証明書SANフィールドに「domain.com」も追加されます。
(上記の場合の対応例:xxx.domain.com, yyy.domain.com, domain.comなど。 注: 111.xxx.domain.comなどレベルの異なる物は除く)
また同じく「*.subdomain.domain.com」と指定すると"subdomain.domain.com"の全てのセカンドレベルサブドメインに対応します (この場合はSANフィールドへの「subdomain.domain.com」「domain.com」追加はありません)
(例:111.subdomain.domain.com, 222.subdomain.domain.comなど。 注: subdomain.domain.com, xxx.domain.com, domain.comなどレベルの異なる物は除く)
世界標準の256bit鍵長によるSSL暗号
RapidSSLは世界標準ともいえる強力な256ビット鍵長のSSL暗号に対応しています。従来の40ビット鍵長と比べ飛躍的に安全性が増しており、より安心してご利用いただけます。
また、電子署名に使用するハッシュアルゴリズムも、SHA-2 (256)を使用しています。
RSA2048bitルート証明書
RapidSSL(ジオトラスト)は自社でルート証明書を保有するWebTrust認証を受けた第3者認証機関(CA)です。そのため、自由度の高いサーバ認証書サービスを行うことができます。 勿論、RSA2048ビット対応のルート証明書を使用しています。
「GeoTrust Global CA」(ルート)、「RapidSSL SHA256 CA」(SHA2中間証明書)、「RapidSSL CA」(中間証明書)、「Equifax Secure Certificate Authority」(クロスルート)
参考:2009年5月27日以前のCAルート:「Equifax Secure Global eBusiness CA-1」
   2010年12月9日以前のCAルート:「Equifax Secure Certificate Authority」
99%以上のブラウザーに対応済み
RapidSSLの認証局(CA)証明書は既に、IE 5.01+, Netscape 4.7+, Safari, Opera 7+, Mozilla 1+, Firefox 1+ など主要なWindows/MACのブラウザーに組み込まれてありますので、すぐにご利用いただけます。スマートフォン、タブレットにも対応いたしております(クロスルートをご使用時)
2016年3月より「Certificate Transparency(透かし入り証明書)」に対応いたしました。
携帯電話には対応しておりません。
お申込から証明書発行まで完全オンライン化
Rapid-SSL.jpでは、証明書のお申込から、お支払・ご本人確認・認証作業・証明書発行に至る全ての作業をオンライン自動化しました。 書類の送付、人手による作業がありませんので一年365日、一日24時間いつでも即発行可能です*1
また、ジオトラストで特許を取得している無事故実績のオンライン本人確認システムを採用しており、企業のお客様のみならず個人の方もお申し込みいただけます。
ドメイン認証型証明書
RapidSSL証明書はドメイン認証型の証明書です。組織認証型の証明書(ベリサインなど)と異なりオンライン審査で書類不要です。ドメイン認証型の証明書ですので、証明書にはコモンネーム以外の申請者/申請団体名等は、転記されません。
複数年有効商品でお得
Rapid-SSL.jpでは、有効期限を1年~3年の範囲でお選びいただけます。複数年商品のご購入で面倒な更新作業から開放され、うっかり失効を防ぐことが出来ます。
30日間返金保証
Rapid-SSL.jpでは、発行後30日以内であればキャンセル・返金をお受けします。
再発行オプション
証明書有効期間中であれば何度でも再発行可能な「再発行オプション」を無償提供しています。*2ハードディスクのクラッシュ等のトラブルによりサーバ証明書の秘密鍵・CSR・証明書が失われた場合でも安心です。
価格表

商品1年2年3年
RapidSSL
ワイルドカード
39,000円
42,120円(税込)
68,250円
73,710円(税込)
97,500円
105,300円(税込)

 *1: ジオトラスト社の審査過程で問題が無い場合。
 *2: 再発行時にコモンネームの変更は出来ません。

お申込手順
CSRの作成・承認メールアドレスの確認
お申込フォーム記入
お申込内容確認
承認メールアドレス・お客様情報入力
お申込内容確認
代金お支払
審査とメールによる承認
SSLサーバ証明書発行
RapidSSL.com正規販売パートナー    
  Rapid-SSL.jp  |  SSLサーバ証明書  |  サポート  |  パートナー  |  特定商取引法  |  お知らせ
 Rapid-SSL.jp SSLサーバ証明書格安販売, a RapidSSL.com Authorized Partner
 合資会社ショップねっと