Google Chrome53のバグによるCertificate Transparency (CT)エラーについて

Google Chrome 53 のバグによりRapidSSLをはじめとしたSymantec社発行のSSL証明書を利用する一部のサイトに於いてエラーが発生することが判明しました。

エラー内容:ERR_CERTIFICATE_TRANSPARENCY_REQUIRED

Chromeと同じコードを利用する複数のアプリケーションに於いても同様の事象が発生するもようです。

この問題は12月5日より順次配布されいる Chrome 55 で解決されています。

詳細は、Symantec社ホームページをご参照ください。

 

―――――
RapidSSL正規販売ストラテジックパートナー Rapid-SSL.jp
合資会社ショップねっと SSL証明書担当
サポートセンター: https://support.rapid-ssl.jp/

NO IMAGE

Certificate Transparencyに関する仕様追加について

2016年3月1日発行分よりCertificate Transparency (CT) への対応を開始しておりましたが、この度、CT公開ログサーバーへ登録するドメイン名情報の一部を非公開とする「Name Redaction」への対応を開始致しました。 対応開始日: 20...

記事を読む

NO IMAGE

Certificate Transparency (CT) への対応について

Google社により提唱されたCertificate Transparency(CT、証明書の透明性)は、現在、RFC6962としてRFC化され、証明書の誤発行を防ぐ新たな技術として注目されています。 ドメイン認証タイプ(DV)であるRapidSSL証明書はCTへは未対応で...

記事を読む

NO IMAGE

グーグルChrome42ブラウザでの有効期限警告表示について

RapidSSLでは、先にお知らせしたとおり、CA/Bフォーラム決定に基づき、本年4月1日より証明書の最長有効期限を39ヶ月とする制限を実施しています。(再発行時にもこの制限は適用されます) しかしながら、少数の証明書に於いて、有効期間が39ヶ月を数日オーバーする証明書が発行さ...

記事を読む

NO IMAGE

日本向けSSL証明書販売について

お客様各位 最近、以下のような書込がネット上に出ておりますが、弊社がSymantec Ltd.に確認した範囲ではそのような事実はなく、弊社では現在も通常通り販売いたしております。 シマンテック社がSSL証明書の日本代理店向け販売を停止した 「.jp」ドメインの証...

記事を読む