3年間有効なRapidSSLサーバ証明書販売終了について

CA/ブラウザーフォーラムの規定により2年を超える有効期間を持つ証明書の発行が以下の日程で終了いたします。 ご不便をおかけしますが業界全体での措置となりますのでご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 

対象製品:

  • RapidSSL
  • RapidSSLワイルドカード

販売終了日時:

  • 2018年2月19日(月)18時頃

注意事項:

  • 上記時間までにお支払いが完了し、ドメイン管理者様の発行承認作業が開始されている必要があります。(銀行振込の場合は入金確認が完了している必要がります。ご注意下さい)
  • いかなる理由であっても証明書発行が2018年2月28日24時迄に行えなかった場合は、3年有効の証明書は発行できません。この場合、一旦キャンセルし2年有効の証明書で再度お申込頂く必要があります。
  • 2018年3月1日以降に、残存期間が825日(約27ヶ月)を超える証明書の再発行をされた場合、一旦、有効期間が825日の証明書が発行されます。元々の証明書の残存期間が825日を割った時点で再度再発行しますと、元々の有効期限が反映された証明書が発行されます。ご面倒をおかけしますがご了承下さい。

ご不明な点などございましたら、ご遠慮なく下記サポートセンターよりお問合せ下さい。

―――――
RapidSSL正規販売ストラテジックパートナー Rapid-SSL.jp
合資会社ショップねっと SSL証明書担当
サポートセンター: https://support.rapid-ssl.jp/

NO IMAGE

システム障害発生について(続報追加)

2017年12月4日9時頃より、ジオトラスト社システムにて障害が発生しているもようです。 障害内容 承認メールアドレスの選択子が表示されない ファイル承認で申込んだ後、「ジオトラスト調査中」から処理が進行しない 現在、ジオトラスト社に対し調査・復旧の依...

記事を読む

NO IMAGE

Digicertインフラストラクチャーベースの証明書発行開始について

日本時間2017年12月1日10時40分時点で、Digicertインフラストラクチャーベースの証明書が発行されたことを確認いたしました。 これより発行される証明書はDigicertインフラストラクチャーベースのものとなります。 注意: 中間証明書・ルート証明書が...

記事を読む

NO IMAGE

Google ChromeによるSSLサーバ証明書の警告/エラー表示と回避方法について

2017年7月にSymantec Corp/Ltdよりの証明書再発行依頼を受け、該当するお客様には8月8日を期限とする再発行のお願いを弊社よりメールにてご案内いたしておりましたが、その後Google社の対応が変化致しましたが、最終的な対応内容・期限が確定いたしましたので対処法をご...

記事を読む

NO IMAGE

Google Chrome53のバグによるCertificate Transparency (CT)エラーについて

Google Chrome 53 のバグによりRapidSSLをはじめとしたSymantec社発行のSSL証明書を利用する一部のサイトに於いてエラーが発生することが判明しました。 エラー内容:ERR_CERTIFICATE_TRANSPARENCY_REQUIRED ...

記事を読む