「 お知らせ 」一覧

NO IMAGE

Google ChromeによるSSLサーバ証明書の警告/エラー表示と回避方法について

2017年7月にSymantec Corp/Ltdよりの証明書再発行依頼を受け、該当するお客様には8月8日を期限とする再発行のお願いを弊社よりメールにてご案内いたしておりましたが、その後Google社の対応が変化致しましたが、最終的な対応内容・期限が確定いたしましたので対処法をご...

記事を読む

NO IMAGE

Google Chrome53のバグによるCertificate Transparency (CT)エラーについて

Google Chrome 53 のバグによりRapidSSLをはじめとしたSymantec社発行のSSL証明書を利用する一部のサイトに於いてエラーが発生することが判明しました。 エラー内容:ERR_CERTIFICATE_TRANSPARENCY_REQUIRED ...

記事を読む

NO IMAGE

Certificate Transparencyに関する仕様追加について

2016年3月1日発行分よりCertificate Transparency (CT) への対応を開始しておりましたが、この度、CT公開ログサーバーへ登録するドメイン名情報の一部を非公開とする「Name Redaction」への対応を開始致しました。 対応開始日: 20...

記事を読む

NO IMAGE

Certificate Transparency (CT) への対応について

Google社により提唱されたCertificate Transparency(CT、証明書の透明性)は、現在、RFC6962としてRFC化され、証明書の誤発行を防ぐ新たな技術として注目されています。 ドメイン認証タイプ(DV)であるRapidSSL証明書はCTへは未対応で...

記事を読む

NO IMAGE

グーグルChrome42ブラウザでの有効期限警告表示について

RapidSSLでは、先にお知らせしたとおり、CA/Bフォーラム決定に基づき、本年4月1日より証明書の最長有効期限を39ヶ月とする制限を実施しています。(再発行時にもこの制限は適用されます) しかしながら、少数の証明書に於いて、有効期間が39ヶ月を数日オーバーする証明書が発行さ...

記事を読む